製品・技術紹介

Home > 製品・技術紹介

通常、「合金」と呼ばれるものは、複数の金属を溶かし合わせて造るのに対し、「焼結部品」は複数の金属を微細な粉末の状態で圧縮成形(3~8t/cm2)し、この粉末成形体を溶融点以下の高温(1150~1300℃)に保持することにより焼結(金属粒子の拡散結合ならびに合金化)して焼き固める粉末冶金法(ふんまつやきんほう)で製造されます。

焼結部品は、金型を用いて粉末成形するため大量生産の部品、また複雑形状の部品製造に適しており、高い寸法精度が得られること等、優れた特長を活かして自動車部品を中心に様々な用途に用いられています。